必ず駆除できる

訪問

害獣被害とは哺乳類に属する動物が人に対して被害をもたらすことをいいます。近年この被害の大きさが話題になっていて、害獣駆除の必要性が叫ばれています。イノシシやシカ、サルなどが農作物を食い荒らす代表的な動物で、住宅街ではハクビシンやアライグマ、イタチなどの害獣被害に悩まされている人が多いようです。これらを放置していると、いつ大きな被害がおきるのかわからないのです。日本全国で害獣被害は200億を超えているという状況なのです。その原因はさまざまな理由があります。まず集落の過疎化に高齢化も伴い人間活動が低下していることです。それが原因で耕作放棄地が拡大し害獣の餌場や生活しやすい環境が増えてきています。さらに猟師も現象傾向にあり、高齢化が進んで害獣駆除が難しいのが現状です。被害額も大きいですが、それよりも本来なら野生の害獣は適正な数まで駆除される事が望ましいのです。今では、害獣駆除が全然追いついていない事が問題です。そのため住宅街にまで害獣が進出しています。害獣は凶暴な種類が多く近寄る事も危険なので駆除が難しくなります。害獣駆除の問題が深刻になっている今、少しずつ対策がとられています。猟友会では、男性だけでなく女性の狩猟免許を進める活動も行なっているのです。実際に10年間で女性の狩猟免許を持っている人が倍増しています。住宅街では、専門的の害獣駆除業者ができていて、その数も今ではたくさんあります。業者によっては全国対応しているところもあり、とても便利になっています。