イタチは住宅街でも住める

トラップ

見た目が可愛いイタチですが、最近は都会でも野生のイタチの被害が数多く報告されています。イタチは獰猛な肉食で、自分よりも大きな動物でも食べることができるのです。そのイタチが住宅街にまで現れるようになっています。そのためイタチ専門の駆除業者が必要になっているのです。従来ならイタチは水辺の近くにしかいないイメージです。しかし、意外と器用な動物で木登りすることもでき、家などに侵入し住み着く事ができるのです。家に侵入されると、基本的にすぐ住み着いてしまう性質があります。自ら出て行くことはほとんどないのです。そして、建物はイタチの騒音や糞で起こる被害がたくさんあります。悪臭やダニ、ノミが増え、野生の動物なので、様々な菌を持っています。またペットを買っている場合、食べられてしまうケースも報告されています。池の鯉やニワトリが食べられたり、農作物が荒らされたりする人が数多くいるのです。そのため、イタチを見つけたら早急な対策が必要です。今では専門の駆除業者があるので、まず見積りをだすと良いでしょう。イタチ専門の駆除業者なら、イタチを完全に駆除してくれますし、その後のアフターケアまでしている業者が多いようです。業者によって違いますが、作業完了後5年間イタチが出没したら無料で駆除作業をしに来てくれたり、年に1度点検をしに来てくれたりします。そのため1度イタチ駆除を業者に依頼すると、その後、料金がかかる心配はないシステムになっていることが多いようです。